髪を綺麗にする秘訣!

女性にとっての天敵と言えば「白髪」ですよね?気が付くと白い髪がちらほら見え始め、その度に切ったり抜いたりして対処しているけど…..一体いつから白髪染めをすれば良いんだろう….。

今回は、そんな白髪に関するお話をしていこうと思います。一体何歳から白髪染めをすればいいの?どれくらい白髪が出てきたら白髪染めが必要なの?30代・40代の髪の悩みを解決していこうと思います。

えり

私も初めて自分の髪の毛に白髪を発見した時はかなりショックでした…。

え~~?本当に?白髪最悪。なんて落ち込みましたが、誰しもが白髪と向き合わなければならない時が来ます。

今回は、もし白髪を発見した時はどうすればいいのか?いつから白髪染めが必要なの?など、白髪に関するお話をしていこうと思いますので、良ければ最後までご覧ください。

白髪染めはいつからすればいいの?

まず、白髪染めはいつからすればいいのかに関してですが、明確な基準はありません。何故なら、髪のどの部分に白髪が多いかで異なるからです。頭頂部や前髪、顔周りに白髪が多い場合はとても気になりますが、髪の内側など、普通にしていたら目立たない部分の場合、白髪をあえて染める必要はない場合もあります。

 

ちなみに白髪に関して、私が美容院でお客様にお伝えしていることは以上の2点です。

  • 自分で白髪がどうしても気になる場合
  • 周りの同僚や友人に白髪を指摘された場合

この2点のケースに当てはまる場合は白髪染めして下さい。とお伝えしています。正直な話、白髪が気になるかどうかはその人により違うので、必ずしも白髪を発見=白髪染めをしなければいけないわけではありません。

 

また、現在の髪の色が黒い場合は、より白髪が目立ちやすいですし、10トーン以上明るい髪であれば、白髪が多少あってもほとんど目立ちません。さすがに根元が真っ白になってしまう場合はダメですが、数本あるくらいなら特に気にする必要はないでしょう。

白髪を黒髪に戻す方法(生活習慣や食べ物)は?原因を知れば予防できる

白髪は白髪染めでしか染まらないの?

白髪は白髪染めでしか染めることができないか?という質問ですが、答えは「はい」です。基本、白髪は白髪染めで染めます。へナやマニキュアなども白髪を染めることはできますが、通常のファッションカラーでは白髪は染まりません。

 

ただし先ほども説明したように、髪のベースが明るく、白髪が数本程度であれば特に問題なくファッションカラーで染めても大丈夫です。ほとんど目立ちません。白髪が多い方は白髪染めが必要ですが、白髪染め=黒髪と言うわけでゃなく、8トーンくらいまでなら問題なく白髪を染めることは可能です。

えり

白髪染めになると、オシャレなカラーができなくなってしまうと思っている方がいますが、全然そんなことはありません。ちなみに根元の白い部分を白髪染めでカラーし、毛先にファッションカラーをすることも可能ですし、ハイライトカラーをすれば、よりカラーでオシャレを楽しむことも可能です。

白髪染めと言う言葉の響きにショックを受ける人も多いですが、髪を暗くしたりする時にも実は美容師さんは白髪染めを混ぜたりしています。ですので、白髪染めだからなんか嫌だ…。とかは思わずに、カラーでオシャレを楽しんでいただけたらと思います。

あくまで、今の自分よりも美しく。綺麗になれば良いですよね。変に白髪を意識しすぎる必要はありません。

白髪染めのペースはどれくらいが良いの?

白髪染めをするペースですが、目安として1・2ヵ月に1回染めるくらいに考えておいてください。ただし、これも白髪の多さによって異なります。白髪が髪全体の50%以上の方の場合、2週間に1度のペースで染める方もいらっしゃいます。

 

必ずこのペースで染めて下さい。というのはありませんが、最低でも2ヵ月に1回は染めてあげると良いでしょう。ちなみに補足ですが、根元は体温がある為、髪が染まりやすくなっています。根元2cm位は白髪染めでも比較的明るくすることが可能です。

 

しかし、根元が5~10cm。またはそれ以上伸びてしまうと、明るく白髪をしっかり染めることが困難になってしまいます。黒髪や6レベルくらいの髪を維持したいのであればさほど問題はありませんが、もし7レベル以上の明るい髪を保ちたいのであれば、やはり最低でも2ヵ月に1回は染めるようにして下さい。(髪は1ヵ月で約1cm伸びると言われています。その為、2ヵ月ならば2cmですね。)

白髪染めは美容院でした方が良いの?セルフカラーでも大丈夫?

基本的にセルフカラーはオススメしません。ただ染めるだけなら良いのですが、綺麗に染める。希望通りに染める事は困難です。そして何より、いつまでも若々しい綺麗な髪を維持したいのであれば、なおさらセルフカラーはNGです。

【保存版】髪を健康にするお手入れ方法は?自宅でのケアやシャンプーのやり方を解説!

自宅のセルフカラーと美容院のカラーは何が違うの?

私たち美容師が染めるのと、自宅で染めるのは一体何が違うのか?実際白髪を染めるだけだし、美容室で染めても、自分で染めてもそんなに変わらないでしょ?そう思っている方もいると思いますので説明していきますね。

 

まず、一番の違いはダメージです。市販のカラー剤は基本的に誰にでも染まるようにかなり強い薬剤となっています。その為、染まるには染まりますが、同時にダメージも蓄積されてしまいます。

 

では美容室のカラーはと言うと、薬剤の刺激も弱く、髪にも頭皮にも優しく作られています。しっかりとした知識のある美容師さんが担当することで、ダメージを最小限に抑えることも可能です。自分で染めてしまうと、必要ない箇所(既に染まっている部分)まで染まってしまます。特に泡カラーの場合、根元だけ染めるというのは難しく、毛先まで毎回染める形になりますよね?

 

美容師さんであれば、毎回毛先まで染めず、白髪の伸びてきた部分のみをリタッチカラーすることができ、毛先にダメージを与えることなく白髪のみを染めることができます。2週間・1ヵ月に1回など、頻繁に白髪染めをする方であれば、毎回毛先まで染める必要は全くありません。

 

無駄に毛先まで染めてもダメージになるだけになってしまうので、その点も含め、美容室でしっかりカラーをすることをオススメします。

どうしても半月に1回は自分で染めないと、白髪が目立って嫌な場合どうすればいいの?

基本的には1ヵ月に1回美容院で白髪染めはするけれど、どうしても半月経つと白髪が目立ってしまい嫌だ。だから美容院でも染めるけど、自分自身でも染めているという方もお客様の中にはいらっしゃいます。金銭的な理由や、美容院に来る時間が無い等、様々な理由があると思いますので、絶対自分で白髪染めはしないで下さいとは言いません。

 

では、もしそのよう場合はどうするのが正解かと言うと、「目立つ部分(生え際や頭頂部)のみ自分で染めて下さい。ちなみに泡カラーは簡単ですが、必要以上に広範囲染まってしまうので、できるだけ使用しないで下さい。そして、注意しながらカラー剤を白髪の部分だけ染めて下さい。

髪に良い食べ物って何?髪を綺麗にサラサラにする為の食品や栄養は?

まとめ

「白髪染めはいつからすればいいの?30代・40代のカラーの悩みを解決!」はいかがでしたか?

 

白髪は早い人であれば10代・20代でも出てきてしまう人はいます。30代後半にもなればほとんどの人が白髪が気になり始めるでしょう。白髪が生え始めるというのは女性にとってはショックであり、悩みの種かも知れません。しかし、それはいずれほとんどの女性が経験することであり、致し方ないこととも言えます。

 

しかし、白髪が生えてきてしまった後のケアについては大きな差が出てきます。女性はいつまでも綺麗で若々しいツヤのある髪に憧れます。しかし、白髪染めくらい自分でしても大丈夫。となってしまうと、なかなか綺麗な髪を維持するのは難しいでしょう。

 

白髪が出てきてしまうことは確かにショックなことかも知れませんが、それよりも、出てきてしまった後にどのようなケアをしていくかの方がとても大切です。是非今回お伝えさせて頂いたことを意識し、ケアしてあげて下さいね。

メモ

○白髪染めは自分が気になったらor誰かに指摘されたらする

○白髪染めの目安は、最低でも2ヶ月に1度。白髪の量によっては2週間でする人も!

○白髪染めでも明るくすることは可能!

○白髪染めのセルフカラーはNG。美容院ですること

○万が一自分で染める場合は、顔周りや頭頂部など、見える部分だけにする

○白髪を染めることも勿論大事だが、何より大事なのは髪を綺麗にする為のヘアケア

えり

白髪って本当に女性にとって大きな悩みですね。白髪は未だに解明されていないとされ、完全に無くすことは難しいとされています。ストレスや栄養不足、遺伝など、様々な原因で白髪になってしまうわけですが、もし白髪が生えてきたとしても、白髪染めをすることで十分綺麗に対処することが可能です。

しかし自己流でケアしてしまうと髪自体にダメージが出てしまいます。そうなってしまうと、将来的にも綺麗な髪を維持することは難しくなります。

そうならないためにも、今のうちから出来ることはしっかりケアしていきましょうね。

 

おすすめの記事