髪を綺麗にする秘訣!

髪が思い通りいならない。髪がうねってまとまらない。クセ毛に悩む人は、自分の髪にコンプレックスを抱えている人が非常に多いですよね。

 

そこでこの記事では、そもそものクセの原因は何なのか?親がクセ毛だと子供もクセ毛になってしまうの?更に髪を綺麗にする方法や、クセ毛を直す方法はあるのかなどをご紹介していきたいと思います。クセ毛に悩んでいる方に、是非参考にして頂けたらと思います。

えり

クセ毛って本当に悩んでいる人が多いんです。クセにも種類があって、カットでクセ毛を活かしたりもできるんだけど、中にはカットだけではどうにもならない人がいるのも事実なんです。

そんなクセ毛について、色々とご紹介していきますね。

スポンサーリンク




クセ毛の原因は何?

そもそも何故髪がうねったり、クセになったりしてしまうのでしょうか?ストレートでサラサラな人もいるのに、何で私だけクセ毛なの?こんなの不公平だ。と悩んでいる方は非常に多いです。では何故クセ毛になってしまうのでしょうか?

 

まず、髪にクセがつくのは、髪が生まれる毛球が歪んでいたり、ひずんでいたりすることが原因だとされています。遺伝的要素が強く、産れもってしまったクセと言えます。

 

また、髪の中に水分を吸いこみやすい部分と、吸い込みにくい部分がかたよって存在していると、湿気によってクセが強くなることがあります。年齢や加齢と共にクセが強くなるケースも非常に多いと言われています。

 

クセ毛の親からクセ毛の子供が産れる可能性は何%?

クセ毛は遺伝的なものが主な原因と言われていますが、クセ毛と言っても実際は4種類のタイプに別れていることをご存じですか?

  • 波状毛
  • 捻転毛
  • 蓮珠毛
  • 縮毛

この4つのクセ毛のタイプに分けることができます。ただし、必ずしもどれかに当てはまるわけではなく、クセが混合している場合や、全体的にはストレートだけど、一部分だけクセ毛になっている等。人によりその状態は様々と言えます。

【直毛】 真っ直ぐな髪

【波状毛】 大きなうねりで、波を打っている髪

【捻転毛】 コイル状にねじれている髪

【蓮珠毛】 数珠が蓮なったような形状。凸凹し、髪の太さが均一ではない髪

縮毛】 最も深刻なクセ。縮れている髪

クセの種類は以上に分けられるわけですが、実際に親がクセ毛だと、子供もどれくらいの確率でクセ毛になってしまうのでしょうか?

 

まずは両親が二人とも直毛の場合ですが、産れる子供が直毛になる確率は97%だと言われています。ほぼストレートヘアという事ですね。では、直毛と波状毛の両親から生まれる子供はと言うと、直毛70%・波状毛29%と言う確率になります。

 

更に、直毛の親と縮毛の親の場合、子供は直毛60%・縮毛24%で、両親が二人ともクセ毛(波状毛)の場合、直毛14%・波状毛86%という、かなりの高確率でクセ毛の子供が誕生する可能性が高いという数字がでています。

 

100%とは言い切れませんが、直毛同士の親からは直毛の子供が産れやすく、両親共にクセ毛の場合は、クセ毛の子供が必然的に産れやすくなります。

スポンサーリンク




クセ毛を直す方法はあるの?

クセ毛を直す方法ですが、残念ながら確実にこれをすれば直るというのはありません。一時的に縮毛矯正をしたり、アイロン又はブローをすれば真っ直ぐな髪にすることは可能です。しかし、生えてくる髪の毛自体を真っ直ぐにすることは、現在の技術では不可能と言えます。

 

※ただし、例外もあります。これは実際にあった話ですが、以前からずっと担当させて頂いていたお客様が妊娠。出産した途端、クセ毛が直ったということがありました。それまではかなりうねりのある髪だったのですが、嘘のように出産後には髪がストレートになっていました。

髪がうねる、まとまらない原因は実はクセ毛だけが理由ではない?

髪がうねったり、広がったり、まとまらなかったりなど、手入れが大変で思い通りにならなくて悩んでいる人は多いです。しかし、それは本当にクセ毛が原因なのでしょうか?実は他にも原因があったのです。ということで紹介していきますね。

【クセ毛と関係なく髪がまとまらない理由と原因】

  • カットが下手
  • 乾かし方の問題
  • 乾燥
  • ダメージ
  • シャンプー&トリートメント(ヘアケア)

これらが原因で、髪がまとまらない&うねる。等の悩みが出てきてしまいます。

カットが下手

これは基本的に美容師側の問題ですが、クセとは関係なく、カットが下手だと髪はまとまりません。むしろスタイリングがやりづらく、思い通りにならない為、クセのせいだと勘違いしてしまう人もいます。

 

カットが上手い人が担当した場合、クセを活かした状態でカットしたり、クセを抑えることも可能になってきます。もちろんクセの種類にもよるのですが、かなり扱いやすい髪になります。

乾かし方

髪を乾かすというのはとても大切です。ドライヤーを使わずに自然乾燥しているという人がいますが、これは絶対NGの論外です。髪に適度な熱を与える事でツヤをだすことが可能になります。

 

しかし、逆に熱を当てすぎて乾かし過ぎてしまうと、オーバードライといい、髪がパサパサになってしまいます。髪には適度な水分も必要な為、乾かす時は十分注意しましょう。手順は以下の通りです。

  1. タオルドライをしっかりする
  2. ヘアオイルやクリームをつける
  3. 根元からしっかり乾かす
  4. 同じ場所に風を当てないように、ドライヤーを振りながら乾かす
  5. 出来ればブラシを使用し、ブローする

この手順で行って下さい、乾燥しやすい人や、髪がパサつく人は仕上げに再度ヘアオイルやクリームを付けて下さい。ただし、付けすぎは禁物です。

 

ちなみに乾かす時の目安ですが、8割ドライくらいを目安にして下さい。先程も言いましたが、乾かし過ぎてしまうと、髪がパサパサになってしまいます。

乾燥

乾燥も髪には良くありません。令暖房による髪の乾燥や、寒い時期は特に乾燥しやすく、髪がまとまりません。うねりが気になりクセ毛が原因と思いがちですが、実際は乾燥によるものが大きいです。

 

ちなみに紫外線による髪のダメージも良くありませんので、春~夏は紫外線対策をし。秋~冬は乾燥対策をしっかりしましょう。

ダメージ

基本、ダメージがヒドイ髪は扱いにくいです。本来クセ毛ではないにも関わらず、傷み過ぎて髪が切れてしまい髪がまとまりません。

 

髪のクセが気になる人は、まずは髪にダメージを出さいようにし、綺麗にすることを心掛けましょう。髪のダメージが直ったらクセが気にならなくなったという人は非常多いです。

シャンプー&トリートメント

ヘアケア剤ですが、自分の髪に合っているかどうかが最も重要になってきます。例えば、周りからノンシリコンのシャンプーが良いよと勧められ使用したとします。しかし、ノンシリコンを使ったら髪がバサバサになってしまったと言う人は非常に多いです。

 

これはなぜ起きてしまうのかというと、単純にその人の髪に合っていないのです、ノンシリコンンシャンプーの場合、髪が多くて硬く、クセもある髪だと、更にバサバサになり広がりや少なります。まずは自分の髪に合っているかどうかというのが扱いやすい髪にする為の最低条件と言えます。

髪を綺麗にする方法は?

髪を綺麗にするにはヘアケアをマメにし、しっかりお手入れする必要があります。よくお客様に聞かれるのが、何で芸能時の人はあんなに髪が綺麗なんですか?と言われるのですが、それにはある秘密があります。その秘密は下記の記事にて紹介していますので、是非ご覧ください

芸能人やモデルさんの髪が綺麗なのは何故?理由やお手入れ方法を調査

そして、髪を根本的に綺麗にしていくには、規則正しい生活習慣と食事がとて大切です。健康的な身体は食事から作られますが、髪は残念なことに一番後回しになります。何故なら、どんなに傷んでいても命に関わることはない為、栄養が送られるのが最も後回しになってしまうのです。

 

そうした理由からも、髪を綺麗にしたければ食生活には十分気をつけるべきです。髪に良い食事の記事も下に紹介しておきますので、是非参考にして下さい。

髪に良い食べ物って何?髪を綺麗にサラサラにする為の食品や栄養は?

まとめ

「クセ毛の原因は何?親がクセ毛だと子供に遺伝する確率は何%あるの?」はいかがでしたか?

 

やはりクセ毛と遺伝の関係性は大きく、両親ともにストレートヘアの場合は、子供も直毛の可能性が大きく、両親共にクセ毛の場合は、子供がクセ毛として産れてくる可能性が高いという事が分かりました。

 

髪のクセは縮毛矯正をすれば真っ直ぐになりますが、残念ながら、真っ直ぐな髪を生やすことはできません。ですので、扱いやすい髪をキープするには、普段から自宅や美容室でのお手入れが非常に大切になります。

 

髪を健康にし、綺麗な髪を持続させることで。クセができるだけ気にならない髪になります。髪を扱いやすくする方法以下にまとめておきますので、是非参考にして頂けたらと思います。

大事なヘアケア方法

〇クセ毛は遺伝が大きな割合を占める

〇カットの上手い美容師に担当してもらうことで、扱いやすい髪になる

〇ドライヤーの乾かし方が重要。髪がパサついたりまとまらない原因はドライヤーの乾かし方に原因があるかも?

〇乾燥や紫外線対策はしっかりすること

〇ダメージを出さないことが重要。傷んだ髪はそれだけで扱いにくい

〇ヘアケア剤は自分に合ったものを使う事。友達に勧められた物や自分で選ぶのではなく、担当の美容師さんに選んでもらう事

〇規則正しい生活習慣と食事が、綺麗な髪を作る上で最も大切

えり
いかがでしたでしょうか?

クセ毛って本当に嫌ですよね。しかし、髪を扱いやすくする方法や綺麗にする方法はあります。

面倒に思わず、しっかりケアしてあげるこで、必ず扱いやすい髪になりますので、是非頑張ってみて下さいね。目指せ美髪!目指せ艶髪!

スポンサーリンク




スポンサーリンク



おすすめの記事