髪を綺麗にする秘訣!

髪型でよく聞く、「似合う」「似合わない」とは一体何なのでしょうか?どうして人によって似合う似合わないがでてくるのでしょうか?

 

そこでこの記事では、髪型の似合わせの原理をご紹介していこうと思います。少しマニアックな話になるかも知れませんが、是非ご覧下さい。

えり

何で自分には似合わないのに、友達がやるとすっごい可愛いんだろう。そう思ったことってきっと一度位はありますよね?

今回はそんな似合わせの不思議についてご紹介していこうと思います。これを学べば、あなたもきっと明日からモテモテヘアになるはずです☆

髪型の似合う似合わないって何?

髪型の似合うに合わないを考える時に大事なのが「顔の形です」。それと同時にヘアデザインを考える必要があります。これに関しては、少々美容師さん向けのお話になってきそうですが、まず似合うヘアを作る時には顔の形を意識します。そこからどのように顔の形に対して「髪の流れ」や「髪の長さ」「ボリューム」「シルエット」で補正していきます。

 

このように髪型のデザインを考えることは大事ですが、現在ではそれだけではダメです。何故なら、髪型もファッションの一部であり、「顔の形×髪型」ではなく、「顔の形×髪型×イメージ・女性像」をしっかり考えなくてはなりません。そのイメージをしっかり引き出し、なりたい像をしっかり似合わせていかなくてはいけません。

 

芸能人の髪型を真似したい。=「なりたい像」。ですよね?もし美容院に行ってスタイリストさんに新垣結衣さんのこの髪型にしたいです。と勇気を出して見せたにもかかわらず、スタイリストさんに

けんた

すいません。新垣結衣さんは顔がとっても小さくて、可愛いのでショートカットにしても素敵なんですが、一般人の型が真似すると、阿佐ヶ谷姉妹みたいな髪型になってしまいますよ?

それでも大丈夫ですか?

 

なんて言われたら最悪ですよね?あくまで、自分のなりたい像を無視することはしたくないです。しかし、もしなりたい像だけを意識してしまうとどうなるか?それは先程ご紹介したように、新垣結衣さんではなく、阿佐ヶ谷姉妹になってしまう可能性もあると言うことです。

 

「顔の形」×「髪型」×「イメージ・女性像」というのは、どれか一つでもかけてしまうと、似合うスタイルとは言えなくなってしまいます。全てを踏まえた上で、自分に似合う髪型をみつけておくと良いでしょう。

自分に似合う顔の形が分る顔診断!!

髪型の印象を作る形とは?

髪型を変えるだけで人って印象ががらりと変わりますよね?例えば、ストレートヘアなのか、カールヘアなのか?ロングヘアなのか、ショートヘアなのか?前髪があるのか?、ないのか?少しの変化で全然印象が変わってきます。自分の顔の形に対して、どのようなシルエットをチョイスするかにより、人に与える印象が違うと言うことを是非覚えておいて下さい。

 

普段はきつく見られるから、柔らかい印象に見られたい。普段は子供っぽ見られるから、大人っぽく見られたい。これらは、髪型の形をコントロールするだけで相手に与える印象ががらりと変わります。といことで、以下の表をご覧下さい。

顔の形が与える印象 顔の形が与える印象
(直線)シャープ・力強い・男性的 (曲線)柔らかい・ソフト・優しい・女性的
(四角)ゴツゴツ・角がある・ (丸)優しい・ソフト・なめらか
(縦長)シャープ・スッキリ・大人っぽい・クール (横長)ふっくら・子供っぽい・幼い印象
(三角)重い・安定感がある (逆三角)軽い・華奢
(毛流れ/下)重い・落ち着いた・収まり感 (毛流れ/上)軽い・明るい・広がり
(内巻き)おとなしい・重い・求心的 (外巻き)活発・軽い・遠心的

以上のように、どんなライン、シルエットにするかによって大きく印象は変わってきます。顔に対して、どのように補正していけばいいのか?そして、どのような印象にしたければ、どのようなシルエットやラインにしなければいけないのかが分かりますね。

 

もしあなたが、普段から少しきつめな印象で見られがちだとしたら?ストレートヘアではなくて、毛先にパーマをかけたり、コテで髪を巻いて、柔らかい印象にしてみるとか?前髪を作って少し柔らかい印象にしてみるとか?色々な方法があります。

 

このように、自分の印象は髪型でコントロールすることが可能なのです。イメチェンしたくてどんな髪型にしようかなと悩んでいる時は、美容師さんにしっかり相談してカットしてもらいますよね?しかし当然ですが、自宅でのスタイリングは自分でしなければなりません。朝時間が無くて面倒だから何もしないと言う人もいますが、中にはスタイリングの方法が分からないと言う人もいます。

 

正直スタイリングに関しては、毎日自分で試行錯誤しながら慣れていくしかないのですが(特にコテ等)どのようなシルエットにしたら良いのか?どんな形が自分に似合うのか等を、明確に狙ってスタイリングできている人はほとんどいないのではないでしょうか?

 

私の顔の形は丸顔だから、トップに高さを出して、なるべく卵型に見えるようにスタイリングしよう。今日は大人っぽくしたいから、雨髪は少し流した感じにしよう。なんてこと、普段はあまり意識しないですよね?毎日何となくスタイリングしていると思います。

 

しかし、今回お伝えしていることをしっかり意識することで、より自分に似合う髪型にスタイリングできるはずですし、理想の髪型を自分でもできるようになるはずです。美容院で髪を綺麗にしてもらっても、それが自分で再現できなければ意味ないですよね?

 

多少の馴れはもちろん大事ですが、慣れてしまえば簡単に思い通りのスタイリングができるようになるはずです。

 

本田翼さんみたいなショートボブにしたいな。でも私はあんなに顔小さくないから似合わないし、やっぱりやめとこう。ではなく、顔の形を見て、私ならもう少し顔周りの髪を長めに残しておけば似合うかも?と自分でもだいたいわかるようになるわけです。

 

※実際には似合わせの部分は美容師さんが考える事ですので、自分でやる際はスタイリングになります。ただ、似合わせを少しでも理解することで、今まで自分の判断で諦めていた髪型でも、挑戦してみようとなるはずです。

男ウケが良い髪型・ヘアスタイはどれ?モテるのはロング?ショート?

まとめ

「髪型で似合うって何?似合わせの法則や印象を左右する形とは?」はいかがでしたか?

 

自分にどんな髪型が似合うかな?似合わないかな?それは何となくではなく、しっかりとした法則があることが分かりましたね。「自分の顏の形」「髪型」「イメージ像・女性像」を上手く組み合わせることで、本当に似合う髪型が見つかるはずです。

 

 

今まで、やってみたかったけど諦めてしまっていた髪型でも、きっと挑戦できるはずです。この記事を読んでくれた方が、「よし。挑戦してみよう」と少しでも思って頂けたら嬉しく思います。

えり

「髪は女の命」という言葉があるように、とても大事ですよね。そして、髪型によっても印象がもの凄く変わりますし、イメージを良くすることも可能です。

似合う似合わないは何となく決まるのではなく、その人の顔の形で大きく変わります。もしやりたい髪型があったら、しっかり美容師さんに相談し、自分の似合う髪型を見つけて下さいね。そして、どのようにスタイリングしたらよいかをしっかりアドバイスしてもらって下さい。

そして、そのアドバイスを活かしながら、自分に似合うスタイリングを色々試すことにより、同じ髪型でも巻いたり、アレンジしたり、色々な髪型を楽しむことができます。是非色々挑戦してみて下さいね。

 

おすすめの記事